こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 留学生課ホーム
  2.  > 在留・帰国
  3.  > 日本在留中の法的手続

日本在留中の法的手続

日本在留中は、「出入国管理および難民認定法」・「住民基本台帳法」に従って、次のような手続きが必要です。これらの手続きは、在留中のみなさんの身分を保証するための重要なものです。個々の項目をよく読んで、手続きを忘れることのないように十分に気をつけてください。

住民地の(変更)届出

日本に3ヶ月を超えて在住する外国人は、住居地を定めてから14日以内に、その居住地の市区町村に届出なければいけません。

住民地の届出に必要な書類 <海外から日本に初めて来たとき>

(1)住民地届出書《用紙は区役所・市役所にあります》
(2)在留カード
(3)パスポート

住居地の届出に必要な書類 <日本国内で住所を変更するとき>

(1)住民地届出書《用紙は区役所・市役所にあります》
(2)在留カード
(3)パスポート
(4)転出証明書(該当者のみ)

同じ市内で引越する場合
例)京都市上京区→京都市中京区
転入先の中京区役所で「転入」の届出をする

市外へ引越する場合
例)京都市上京区→京田辺市
転出地の上京区役所に「転出」の届出をして、転入先の京田辺市役所に転出証明書を持って「転入」の届出をする
例)京田辺市→京都市上京区
転出地の京田辺市役所に「転出」の届出をして、転入先の上京区役所に転出証明書を持って「転入」の届出をする

※その他必要書類を求められる場合があります。
※氏名、生年月日、性別、国籍・地域を変更したときは、14日以内に最寄の地方入国管理局へ届け出てください。

「マイナンバー」社会保障・税番号制度

日本国政府は、(1)行政の効率化、(2)国民の利便性の向上、(3)公平・公正な社会の実現のために、国民生活を支える社会的基盤として、社会保障・税番号(=マイナンバー)制度を導入しました。住居地を届け出た全ての人に、「マイナンバー」が通知されます。

各自、WEBページで詳細を確認してください。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/otherlanguages.html

在留資格の変更

大学の学部または大学院に在籍する留学生は、原則として「留学」の在留資格を取得することになっています。申請当日は受理されるだけで、後日審査結果が通知されます。なお、在留資格の変更後は、必ず在留カードの両面のコピーを留学生課(今出川校地または京田辺校地)(グローバル教育センター生、日本語・日本文化教育センター生および留学生別科生は、国際教養教育院事務室)に提出してください。

「留学」への在留資格変更に必要な書類

※留学生課には、学生証と、(1)~(5)を持参してください。
 留学生課での記入内容の確認を経た後に、以下の書類一式とともに入国管理局へ各自で申請してください。

(1)
在留資格変更許可申請書 《用紙は留学生課にあります》
在留資格変更許可申請書(今出川校地通学者) [PDF 313KB]
在留資格変更許可申請書(京田辺校地通学者) [PDF 313KB]
申請書の写真欄には、所定の写真(縦4㎝×横3㎝ 正面無帽 背景がないもの 申請前3 ヶ月以内に撮影されたもの)を、裏面に氏名を記載した上で、貼付してください。
(2)
入学許可書の写し(入学日以降は在学証明書)
(3)
パスポート
(4)
在留カード
(5)
履修科目表のコピー
(6)
手数料4,000円

個々の事情により学費および生活費の支払能力を証明する書類等を求められる場合がありますので、時間に余裕を持って必ず各自で入国管理局に確認し、申請してください。
学費および生活費の支払能力を証明する書類等とは?

(1)
本人が支弁する場合
銀行の残高証明書、奨学金受給証明書など

(2)
海外(本人の親族等)からの送金により支弁する場合
送金証明書、または送金事情の記載された経費支弁者名義の貯金通帳など

(3)
本人以外の日本国居住者が支弁する場合
経費支弁者の在職証明書・所得証明書(納税証明書もしくは源泉徴収票)・
経費支弁書(入国管理局所定用紙)など
「特定活動」への在留資格変更について(正規学生のみ対象)
卒業後は「留学」の在留資格を保有したまま日本に滞在することはできません。卒業後も引き続き就職活動を行うため日本に滞在する場合には、「特定活動」への在留資格の変更が必要です。
必要書類については留学生課にお問い合わせください。

その他の在留資格への変更については、各自で入国管理局にお問い合わせください。

在留期間の更新

勉学のために日本に滞在する留学生は、現在の在留期間が満了する日までに在留期間更新(延長)の手続きをしなければなりません。申請は入国管理局にて在留期間が満了する日の3ヶ月前から可能です。申請当日は受理されるだけで、審査結果については後日通知されます。
なお、在留期間の更新後は、必ず在留カードの両面のコピーを留学生課(今出川校地または京田辺校地)(グローバル教育センター生、日本語・日本文化教育センター生および留学生別科生は、国際教養教育院事務室)に提出してください。

在留期間更新に必要な書類

※留学生課には、学生証と、(1)~(6)を持参してください。
 留学生課での記入内容の確認を経た後に、以下の書類一式とともに入国管理局へ各自で申請してください。

(1)
在留期間更新許可申請書 《用紙は留学生課にあります》
在留期間更新許可申請書(今出川校地通学者) [PDF 316KB]
在留期間更新許可申請書(京田辺校地通学者) [PDF 316KB]
※申請書の写真欄には、所定の写真(縦4㎝×横3㎝ 正面無帽 背景がないもの 申請前3 ヶ月以内に撮影されたもの)を、裏面に氏名を記載した上で、貼付してください。
(2)
在学証明書
証明書等自動発行機で発行します。京田辺校地は成心館1階、理化学館1階、情報メディア館1階、今出川校地は良心館1階、尋真館1階、寒梅館2階、志高館1階にあります。
※ただし、グローバル教育センター生、日本語・日本文化教育センター生および留学生別科生は、国際教養教育院事務室で申込みをしてください。
※新入生、学内進学者、特別学生から正規学生への進学者および留学生別科から学部・研究科への進学者が入学日以前に申請する場合は、入学許可書を提出してください。
(3)
成績証明書(発行場所:在学証明書と同じ)
※新入生は、入学直前に所属していた学校の成績証明書・出席証明書(出席率がわかる書類)・卒業証明書を提出してください。
(4)
パスポート
(5)
在留カード
(6)
履修科目表のコピー
(7)
手数料4,000円

個々の事情により学費および生活費の支払能力を証明する書類等を求められる場合がありますので、時間に余裕を持って必ず各自で入国管理局に確認し、申請してください。
成績証明書(発行場所:在学証明書と同じ)

2月初めから3月中旬など、申請時期によっては、当該年度末までの成績証明書を発行できない場合があります(ただし、春学期までの成績証明書は発行できます)。このように、更新申請時に直近の学期の成績証明書が入手できない場合は、入国管理局に事情を説明してください。
学費および生活費の支払能力を証明する書類等とは?

(1)
本人が支弁する場合
銀行の残高証明書、奨学金受給証明書など

(2)
海外(本人の親族等)からの送金により支弁する場合
送金証明書、または送金事情の記載された経費支弁者名義の貯金通帳など

(3)
本人以外の日本国居住者が支弁する場合
経費支弁者の在職証明書・所得証明書(納税証明書もしくは源泉徴収票)・
経費支弁書(入国管理局所定用紙)など

みなし再入国許可

留学期間中に一時的に日本を離れる(長期休暇中などに帰国もしくは他国へ旅行する)場合には必ず入国管理局で「再入国許可」を受けてから出発することになっていましたが、みなし再入国許可制度(2012年7月9日~)により、有効なパスポートおよび在留カード(特別永住者については特別永住者証明書)を所持する外国人で出国の日から1年(特別永住者は2年)以内に再入国する場合には、原則として再入国許可を受ける必要はなくなりました。ただし、在留期間の満了日が出国の日から1年を経過する前に到来する場合には、在留期間の満了日までとなります。空港での出国時には、在留カードを必ず提示し、再入国することを伝えてください。
1年(特別永住者は2年)の期間を超えて出国する予定がある場合は、これまでどおり再入国許可を受けて出国する必要があります。有効期間は、在留期間を超えない範囲内で最長5年(特別永住者は6年)です。
みなし再入国許可により出国した場合、その有効期間を海外で延長することはできません。出国期間が1年(特別永住者は2年)を超えたときは在留資格が失われます。1年(特別永住者は2年)を超えると予想される場合は、以下の書類を準備して、これまでどおり再入国許可を受けて出国するようにしてください。

再入国許可申請に必要な書類

(1)
再入国許可申請書 《用紙は留学生課にあります》
(2)
学生証
(3)
パスポート
(4)
在留カード
(5)
手数料 1回限り 3,000円(数次再入国許可のもの 6,000円)

みなし再入国許可の対象者か否か不明な場合は、入国管理局に確認してください。

資格外活動(アルバイト)許可について

「留学」の在留資格で就労することは認められていませんが、勉学のさまたげにならない範囲内であれば、「資格外活動許可」を受けることによって、アルバイトをすることができます。
 同志社大学との契約に基づき、教育または研究を補助する活動〔ティーチングアシスタント(TA)、リサーチアシスタント(RA)、スチューデントアシスタント(SA)、外国人留学生学習・研究支援チューターなど〕などを行う場合に限っては、「資格外活動許可」は必要ありません。それ以外にアルバイトを行う場合は、資格外活動許可証の取得が必要です。

資格外活動許可の申請手続き

(1)
以下の書類を持って、入国管理局で申請してください。

必要書類
資格外活動許可申請書 《用紙は留学生課にあります》
学生証
パスポート
在留カード(※コピーでは受け付けられません。)


(2)
入国管理局で資格外活動許可証が発行されたら、在留カードの両面コピーを留学生課まで提出してください。


(3)
アルバイト先が決まったら、「就労証明書 [PDF 145KB](大学所定用紙)」を、留学生課まで提出してください。
注意事項
許可時間数は、1週間あたり28時間を上限として認められます(学則に定められた夏期・冬期・春期休暇中は1日8時間以内)。''上限時間を越えてアルバイトをした場合は、在留期間の更新が認められなくなる場合があります。
風俗営業または風俗関連営業(クラブ、スナック、パチンコ店、アダルトビデオ・インターネット映像提供活動、テレホンクラブなど)でのアルバイトは禁止されています。万が一、このような場所でアルバイトに従事したり、「資格外活動許可」を受けずにアルバイトをした場合、処罰あるいは国外退去となることもあります。
日本国内で大量に購入した商品を、インターネットなどで転売することは禁止されています。
休学中はアルバイトすることはできません。
受給している奨学金の種類によっては、アルバイトが認められていない場合があります。

資格外活動許可証の更新手続き

資格外活動許可の期限は在留期限と同じです。アルバイト継続中の学生が在留期間の更新を行う場合は同時に「資格外活動許可」の再申請も忘れずに行ってください。また、入国管理局で資格外活動許可証が発行されたら、在留カードの両面コピーを留学生課まで提出してください。

アルバイト先に変更がある場合は、「就労証明書 [PDF 145KB](大学所定用紙)」を留学生課まで提出してください。

入国管理局の所在地

大阪入国管理局 京都出張所

〒606-8395 京都市左京区丸太町川端東入る東丸太町34-12
京都第二地方合同庁舎4階
TEL:075-752-5997
FAX:075-762-2121
・受付時間:月~金 9:00~12:00 13:00~16:00

大阪入国管理局 京都出張所

交通
  1. 京阪電車 神宮丸太町駅下車 丸太町通を東へ約500メートル
  2. 京都市バス(北大路バスターミナルまたは京都駅前から乗車)206番系統で熊野神社前下車すぐ
  または京都市バス(烏丸今出川から乗車)201 番系統で熊野神社前下車すぐ

大阪入国管理局

〒559-0034 大阪市住之江区南港北1丁目29番53号
TEL: 06-4703-2100(代)
FAX: 06-4703-2262
・受付時間:月~金 9:00~16:00
外国人在留総合インフォメーションセンターが併設されており、入国や在留手続きなどの相談に応じています。
TEL: 0570-01-3904

大阪入国管理局(Osaka Immigration Bureau)

交通
地下鉄中央線「コスモスクエア駅」下車すぐ