同志社大学 留学生課

3.病気や怪我をしたら

(1)保健センター

身体に異常がある場合は、保健センターで診療(内科のみ)を受けられます。受診時は、学生証と健康保険証(加入者のみ)を持参してください。健康に関する相談にも応じていますので、遠慮なく相談に行ってください。また、保健センターでは、毎年4月に定期健康診断を実施しています。健康に学生生活を送るため、必ず健康診断を受けてください。

さらに詳しい情報は保健センター でご案内しています。

保健センターオリジナルサイトでは、以下の情報もご案内しています。

  • 学生生活と健康
  • 健康診断証明書の交付
  • 診療(病気の治療)
  • AED設置場所
  • 健康診断
  • 所在場所と開室・診療時間
  • 健康相談・精神保健相談
  • アンチエイジングドック

(2)学生教育研究災害傷害保険

本学では、正規学生、グローバル教育センター生、日本語・日本文化教育センター生(AKP同志社留学生センター生を含む)を対象に、「学生教育研究災害傷害保険」に加入しています。キャンパス内での各種の事故による傷害、公認団体で大学に届け出た課外活動中の事故、通学中等の事故、留学中の事故(私生活上の事故は適用外)による傷害等について補償の対象となっています。指定ハガキにより、事故発生から30日以内に東京海上日動火災保険(株)へ通知する必要がありますので、学生生活課で手続きをしてください。
なお、所属や学生身分によっては「学研災付帯賠償責任保険(学研賠)」にも加入しています。国内外において学生が、正課・大学行事およびその往復途中で、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊したりしたことにより被る、法律上の損害賠償を補償するものです。通学中、介護等体験、教育実習も補償の対象となります。

詳細は学生教育研究災害傷害保険をご覧ください。