同志社大学 留学生課

  • English
  1. 留学生課ホーム
  2. 2018年度のニュース一覧
  3. 「世界料理教室inロシア~チェブレキ~」を開催しました(SIED企画)

「世界料理教室inロシア~チェブレキ~」を開催しました(SIED企画)

'18年11月22日 更新
11月16日(金)、留学生課SIEDによるイベント「世界料理教室inロシア~チェブレキ~」が同志社大学アーモスト館(今出川キャンパス)にて開催されました。留学生11名、ローカル生13名の計24名の学生が参加してくださいました。
イベントでは、ロシアに縁のあるSIEDスタッフがロシアの文化やおすすめの食べ物についての紹介も交えつつ、ロシア伝統料理チェブレキについてプレゼンしました。チェブレキとは、ひき肉をパイ生地で包んで揚げた、餃子のような形の食べ物です。初めてロシア料理を作る参加者の方々が多く新鮮だったようで、参加者同士で話しながら交流する様子が見られました。一方で、具材を混ぜ合わせたり生地を伸ばしたりする作業で、才能を発揮する参加者もおり、コツを教えあい、見せ合いながらチェブレキ作りを楽しんでいました。参加者からは、「留学生とたくさん喋れて新鮮で楽しかった!」「作り方を親切に教えてもらい分かりやすかった」という声が上がりました。
このイベントが参加者の皆さんにとって、ロシアに興味を持つことに加え、ローカル生と留学生とのつながりができ、今後の国際交流につながるきっかけとなっていれば嬉しいです。SIEDでは世界や日本の料理だけでなく、キャンプや文化体験といった様々な国際交流イベントを開催しています。イベント情報についてはFacebook、Twitter、LINE@といったSNSでも更新していきますので、興味のあるイベントがあれば是非ご参加ください!
チェブレキ
チェブレキ
チェブレキ
11月16日(金)、留学生課SIEDによるイベント「世界料理教室inロシア~チェブレキ~」が同志社大学アーモスト館(今出川キャンパス)にて開催されました。留学生11名、ローカル生13名の計24名の学生が参加してくださいました。
イベントでは、ロシアに縁のあるSIEDスタッフがロシアの文化やおすすめの食べ物についての紹介も交えつつ、ロシア伝統料理チェブレキについてプレゼンしました。チェブレキとは、ひき肉をパイ生地で包んで揚げた、餃子のような形の食べ物です。初めてロシア料理を作る参加者の方々が多く新鮮だったようで、参加者同士で話しながら交流する様子が見られました。一方で、具材を混ぜ合わせたり生地を伸ばしたりする作業で、才能を発揮する参加者もおり、コツを教えあい、見せ合いながらチェブレキ作りを楽しんでいました。参加者からは、「留学生とたくさん喋れて新鮮で楽しかった!」「作り方を親切に教えてもらい分かりやすかった」という声が上がりました。
このイベントが参加者の皆さんにとって、ロシアに興味を持つことに加え、ローカル生と留学生とのつながりができ、今後の国際交流につながるきっかけとなっていれば嬉しいです。SIEDでは世界や日本の料理だけでなく、キャンプや文化体験といった様々な国際交流イベントを開催しています。イベント情報についてはFacebook、Twitter、LINE@といったSNSでも更新していきますので、興味のあるイベントがあれば是非ご参加ください!
関連情報
お問い合わせ先
国際センター 留学生課
TEL:075-251-3257
FAX:075-251-3123
E-mail:ji-ois@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)