同志社大学 留学生課

  1. 留学生課ホーム
  2. 奨学金
  3. 特定国からの外国人留学生に対する支援奨学金

3.特定国からの外国人留学生に対する支援奨学金

応募は学部外国人留学生入学試験出願時の申請になります。

出願資格

以下の2項目を満たす者
  1. 入学後「出入国管理及び難民認定法」により在留資格「留学」を取得する者。
  2. OECD/DAC が発行するODA 受給国リストに掲載される「Least Developed Countries」「Other Low Income Countries」の認定国に居住しその国籍を有する者。

選考

本学の別に定める基準により決定。

給付期間

入学時から2年間(ただし、標準修業年限を上限に更新可能)。
原則として、休学期間は給付期間に含みます。ただし、兵役期間はこの限りではありません。

給付額

(1)支援奨学金:月額85,000円
(2)学生納付金:全額(入学金、授業料、教育充実費、実験実習料及び諸費)

給付人数

各年度2名(春学期入学者1名、秋学期入学者1名)

更新の基準

2年次を終了した時点の成績が、GPA2.0以上かつ修得単位が卒業必要単位の半分以上の場合のみ、引き続き標準修業年限までの2年間の継続を可とする。ただし、GPA2.0未満または修得単位が卒業必要単位の半分に満たない場合は、所属学部により同志社大学私費外国人留学生成績優秀者授業料減免奨学金の選考基準を適用する。

注意事項

本学の在学留学制度による国内外の留学期間中における奨学金の給付について
標準修業年限を上限に、在学留学期間中についても給付対象期間として扱う。
民間等の奨学金との併給について
大学推薦を伴う奨学金に関して、「同志社大学外国人留学生奨学金出願登録票」の提出は妨げないが、学生納付金の支援も対象となる奨学金への推薦は行わない。
*「同志社大学外国人留学生奨学金出願登録票」については、4.行政・民間団体の奨学金(大学推薦)を参照してください。
休学期間中の奨学金の給付について
休学期間中は、『給付額』にて記した
  • 『(1)支援奨学金』については、支給しないこととする。
  • 『(2)学生納付金(入学金は除く)』については、納入を要しないため、給付しない。休学在籍料については、自己負担とする。
給付停止について
品行不良の者、学業怠慢の者、学校の秩序を乱した者、その他学生としての本分に反した者については、給付を停止する。停止した期間についても給付対象期間として扱う。