同志社大学 留学生課

  1. 留学生課ホーム
  2. ビザ・在留資格
  3. ビザ(査証)と在留資格認定証明書(COE)について

1.ビザ(査証)と在留資格認定証明書(COE)について

(1)ビザ(査証)とは?

外国人が日本に入国するには、原則として、有効なパスポート(旅券)に加え、パスポートに対し日本国大使館または領事館が発給した有効なビザ(査証)が必要です。
ビザは、パスポートが適法性と有効性を「確認」するとともに、当該外国人の日本への入国および在留がビザ記載条件の下において適当であるとの「推薦」の性質を持っています。
なお、日本におけるビザの発給は外務省の所掌事務です。

(2)在留資格認定証明書(COE)とは?

在留資格認定証明書(COE)は、日本に入国しようとする外国人が、日本にて行う活動が入国条件に適合しているか否か法務大臣が事前に審査し、適合と認められる場合に交付されるものです。
在留資格認定証明書を日本国大使館または領事館に提示してビザを申請した場合、事前審査を終えているものとして扱われるため、比較的迅速にビザが発給されます。
また、入国時に在留資格認定証明書を提示すると、上陸条件適合者として扱われるため、上陸審査も簡易で迅速に行われます。
なお、在留資格認定証明書の有効期間は交付日より3ヶ月間です。この有効期間内に日本に入国しなければ無効となります。